レビュー
» 2009年02月13日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:監査コストが1/10に!? まだ間に合うIT統制

IT統制が求められる年度監査まであとわずか。しかし、その対応には多大な負荷が掛かっている。統一したコントロール基盤でIT統制をクリアした事例を基に、IT統制に対応するキーポイントを紹介する(提供:ドリーム・アーツ)。

[PR/ITmedia]

 日本版SOX法への対応はもちろんのこと、不適切なIT業務プロセスがもたらす経営リスクの低減という観点からもIT統制の重要性は高まるばかり。

 IT統制の中でも、業務処理が健全かつ有効に機能する基盤・環境を保証する「IT全般統制」は非常に重要だ。これまでの中間監査の結果では、IT業務処理統制を満たすために業務システムごとに精巧な文書化を行うことは不可能に近く、対応に多大なコストが発生している。しかし、IT全般統制に適切に対応していれば、IT業務処理統制が適切にコントロールされていると見なされる場合が多い。

 監査コストを10分の1まで削減することに成功した事例を基に、IT統制を攻略する最重要ポイントを紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -