ニュース
» 2009年02月13日 08時00分 UPDATE

システム管理者へのお助けTips:JP1一問一答・開発環境のジョブネットを本番環境に移すには

開発環境のジョブネットを本番環境に移行するには、定義情報の退避と回復を行うことで、簡単に作業を進められる。

[友成文隆(日立製作所),ITmedia]

定義情報の退避と回復でジョブネットを本番環境に移す

 開発用ジョブネットを本番環境に移行したい場合、ジョブ、ジョブネット、またはジョブグループごとに定義情報をファイルなどに退避し、本番サーバで回復するようにすると、簡単に実現できる。

対象製品:JP1/Automatic Job Management System 2 - Manager(JP1/AJS2 - Manager)

0213_jp1ty_1.jpg

ジョブネットの定義情報の退避方法

 まず、ジョブネットの定義情報をファイルに出力する。ajsprintコマンドを実行すると、ジョブネットの定義内容は「標準出力」に出力されるので、ファイルにリダイレクトすることで、ファイルにジョブネットの定義内容を保存できる。ジョブやジョブグループも同じ方法で保存が可能だ。

0213_jp1ty_2.jpg ジョブグループ(/月次処理)配下のジョブネット(/本番業務)の定義情報をファイル(c:\temp\test_jobnet)に出力する例

ジョブネットの定義情報をファイルから回復する

 ajsdefineコマンドを実行すると、ajsprintコマンドで保存したジョブネットをJP1/AJS2 - Managerに回復することができる。

0213_jp1ty_3.jpg ファイル(c:\temp\test_jobnet)中のジョブネットの定義情報をジョブグループ(/月次処理)配下に定義する例

関連キーワード

JP1 | 運用管理 | システム管理者


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -