レビュー
» 2009年02月16日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:なぜ情報化投資は、初期計画より増えるのか?

ITが複雑化するにつれて、IT投資計画が起案当初と結果の違いが目立つようになってきた。どのような点に注意すればよいのだろうか。また、投資効果はどうだろうか(提供:アイティメディア)。

[PR/ITmedia]

 「最近、IT投資計画の結果が起案時と大きく違っている」と感じる経営者は多いだろう。これには、「222の法則」や「2423の法則」が関係する。222の法則とは「情報システム開発では、計画の2倍の費用と2倍の期間がかかり、計画した2分の1の機能しか実現できない」というものだ。近年の情報化投資は、経営戦略を実現するためのプロジェクト投資の一部であることが多く、情報システム部門だけでは完結しない。また、システム開発は事後の変更に莫大な費用と労力がかかるため、計画段階で開発目的を整理し、必要性を検討する必要がある。さらに、プロジェクト投資は情報系活動と非情報系活動の両方に責任を持つ責任者を明確にすることなどを注意するべきである。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -