レビュー
» 2009年02月17日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:主要3メーカーのブレードサーバのワット性能を徹底比較

アセスメントサービス会社の米Principled Technologiesが、主要3メーカーのブレードサーバを対象にワット性能の比較検証を行った。その結果、最も優れたワット性能を発揮したのはどのサーバだったのか? (提供:デル)

[PR/ITmedia]

 アセスメントサービスを提供する米Principled Technologiesは2007年12月、デル、ヒューレット・パッカード、IBMのデュアルソケット搭載ブレードサーバのワット性能(消費電力当たりの性能)を測定した結果をリポートとして公開した。テストに使用したブレードサーバは「Dell PowerEdge M600」「HP BladeSystem c-Class」「IBM BladeCenter H(8852)」の3機種、テストアプリケーションには米The Standard Performance Evaluation Corp(SPEC)のJavaベンチマークソフトウェア「SPECjbb2005」を利用した。

 同リポートによると、測定の結果、Dell PowerEdge M600が相対的に優れたワット性能を発揮したという。本ホワイトペーパーでは、その詳細な内容を紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ