レビュー
» 2009年02月19日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:新世代ブレードエンクロージャ「Dell PowerEdge M1000e」の最先端アーキテクチャとは?

企業システムの運用管理に革新をもたらすと期待されるブレードサーバ。最新のブレード技術を搭載したデルのモジュール型ブレードエンクロージャ「Dell PowerEdge M1000e」のアーキテクチャから、その可能性を探る(提供:デル)。

[PR/ITmedia]

 企業システムにおけるサーバ導入・運用に革新をもたらすブレードサーバ技術。中でも、デルのモジュール型ブレードエンクロージャ「Dell PowerEdge M1000e」は、各コンポーネントに最新テクノロジーを採用することにより、運用効率の向上、製品ライフサイクルの最大化、TCOの削減などを実現する画期的な製品だ。

 本ホワイトペーパーでは、こうしたユーザーメリットを実現する同製品のアーキテクチャを解説する。電源装置、ファン、I/Oシステムからサーバモジュールの構造、システム管理機能に至るまで、最新のブレードサーバ技術がいかにして企業システムに革新をもたらすのかを紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ