ニュース
» 2009年02月19日 16時16分 UPDATE

コスト削減に:KCCS、SaaS型ID管理サービスを開始

KCCSは、アクセス管理やID管理をSaaS型サービスで提供する「GreenOffice Directory On Demand」を始める。

[ITmedia]

 京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は2月19日、SaaS(サービスとしてのソフトウェア)型ID管理サービス「GreenOffice Directory On Demand」を4月1日に始めると発表した。

 同サービスは、ID管理パッケージソフトウェア製品「GreenOffice Directory」の機能をインターネット経由などで利用できるようにしたもの。国内では10万件のID管理に導入されている。

 SaaS形態で提供することにより、システムを自社で管理する必要がなく、導入および運用コストなどを削減できる。また、Google Apps2などのサービスとも連携するという。

 利用価格は、初期費用が60万円から、月額の基本料金が12万円から、1プロビジョニング当たり100円からとなる。同社では初年度2億円の売り上げを見込む。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -