ニュース
» 2009年02月23日 13時51分 UPDATE

オープンソース・スクリプト言語「Groovy 1.6」公開

オープンソースのJava仮想マシン向けスクリプト言語「Groovy」の最新版では、ランタイム環境とコンパイラ、両方の性能が強化された。

[末岡洋子,SourceForge.JP Magazine]
SourceForge.JP Magazine

 Java仮想マシン向けのスクリプト言語「Groovy」の開発チームは2月18日、最新版「Groovy 1.6」を公開した。JMXビルダが統合されるなど、複数の強化が行われている。プロジェクトのWebサイトからダウンロードできる。

 最新版では、ランタイム環境とコンパイラの両方で性能が強化された。コンパイラでは、Dispatchメソッドにより前バージョン比4倍の性能改善が図られたという。

 メタプログラミングサポートでは、EMC DSL、POJP向けメタクラスのプレインスタンスなどが強化点となる。AST変換機能もサポートし、@Singleton、@Lazy、@Immutable、@Delegateといったマクロが加わっている。

 このほか、並列アサインメントに対応、JMXビルダを統合し、JSR-223スクリプトエンジンを組み込んだ。Swingビルダ、Swingコンソールも改善したという。

 Groovy開発を支援するG2Oneは2008年11月、米SpringSourceに買収されている

Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ