レビュー
» 2009年02月26日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:グリーンITと運用効率を最大化するストレージ新技術

法制度、環境、コストなど、さまざまな面からストレージの見直しが求められている。グリーンIT、仮想化、セキュリティを軸に、ストレージの効果を最大化する技術と手法を紹介する(提供:富士通)。

[PR/ITmedia]

 企業が扱う情報量の増大やリスクマネジメントに対する意識が高まる中、ITインフラの俊敏性と効率性を高めることは重要な課題である。また、地球レベルで環境対策が進む中、ITシステムでも消費電力増大の問題が深刻化している。特にデータセンターでは消費電力の低減に向け、ストレージやサーバの効率的な活用法が注目されている。

 本資料では、グリーンIT、仮想化、セキュリティを軸に、ストレージを効率良く最大限に活用するための手法を紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -