ニュース
» 2009年02月26日 16時12分 UPDATE

Force.comからも利用可能に:日本HPとNTTコム、社内システムのIDでSalesforce CRMが使えるSSOサービス

企業内の情報システムにログインすると「Salesforce CRM」も使えるようになるシングルサインオンサービスを日本HPとNTTコミュニケーションズが共同で提供する。

[ITmedia]

 日本HPとNTTコミュニケーションズは、1度の認証で、異なるシステムやアプリケーションにアクセスできるシングルサインオン(SSO)のサービスを共同で提供すると発表した。企業内で使う業務アプリケーションにアクセスするIDやパスワードを使って、セールスフォース・ドットコムのCRM(顧客関係管理)アプリケーション「Salesforce CRM」にアクセスできるようになった。

 同サービスは、日本HPのSSOサービス「HP IceWall SSO」やNTTコミュニケーションズのSaaS(サービスとしてのソフトウェア)型Web認証サービス「セキュアコネクト」を使って、Salesforce CRMにアクセスできるようにしたもの。企業内のシステムや業務アプリケーションにログインするIDやパスワードをSalesforce CRMでも使えるようにした。

 企業内のアプリケーションに適用している統一ポリシーでSalesforce CRMを管理できるようになるため、IDやパスワードの管理負担を減らせる。個人のログ取得や同時接続数の制限管理といった機能も使えるほか、電子証明書やICカードを活用した認証システムも構築しやすくなる。

 今回の発表により、Salesforce CRMとのシングルサインオン連携の機能をHP IceWall SSOセキュアコネクトに追加し、それぞれのサービス名で提供できるようになった。

 ネットワーク経由でソフトウェアの機能を使う社外のSaaSを利用する場合、IDやパスワードを企業内の情報システムとは別に設定する必要がある。社外のSaaSサービスの場合、シングルサインオンの機能を実装できず、統一のポリシーでIDやパスワードを管理できない問題があった。

 2009年3月には、セールスフォース・ドットコムがWeb上で運営するアプリケーションマーケットプレイスのForce.com AppExchangeにHP IceWall SSOが登録される予定という。

過去のニュース一覧はこちら

関連キーワード

SaaS | Salesforce.com | HP | シングルサインオン | 認証


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -