レビュー
» 2009年02月27日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:バックアップソフトのデファクトスタンダード「ARCserve」でできること

バックアップ/リカバリソフトウェアとして10年以上トップシェアを獲得している「ARCserve」(アークサーブ)。ベース製品1本とオプション製品1本だけで、仮想化環境にも対応したディザスタリカバリを実現できる(提供:日本CA)。

[PR/ITmedia]

 バックアップ/リカバリソフトウェアとして10年以上もトップシェアを獲得し続けている「ARCserve」(アークサーブ)。最新版の「CA ARCserve Backup r12」は、ベース製品1本でマルチプレキシングやリストア最適化機能による高速バックアップ/リカバリ、「CAアンチウイルスエンジン」によるウイルス対策、WORMメディアやSnapLock保護機能に対応したデータ改ざん防止など、非常に多彩な機能を搭載する。

 さらに、オプション製品「Disaster Recovery Option」を使用することで、仮想化環境にも対応したディザスタリカバリを実現することができる。本資料では、システム全体の効率的なバックアップ/リカバリを実現する本製品の機能と、ディザスタリカバリオプションについて解説する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ