ニュース
» 2009年02月27日 09時18分 UPDATE

Dell、11〜1月期は利益が半減

世界的なIT支出低迷を受け、売上高も利益も減少。リストラ関連費用で純利益は48%減少した。

[ITmedia]

 米Dellは2月26日、第4四半期(11〜1月)決算を発表した。世界的なIT支出低迷を受け減収減益となった。

 同四半期の売上高は前年同期比16%減の134億ドル、純利益は48%減の3億5100万ドル(1株当たり18セント)。リストラ関連費用1億3400万ドルが響いたが、営業支出は前年同期から16%減少したという。

 2009会計年度業績は、売上高は前年とほぼ同じ611億ドル、純利益は16%減の24億7800万ドルだった。

 「景気の見通しが良くなるまで、かなりのIT支出が保留されている」とDellのマイケル・デル会長兼CEOは発表文で述べている。

 同社は昨年3月に、2011会計年度までに年間30億ドルのコストを削減すると発表した。この目標を40億ドルに引き上げるとしている。

関連キーワード

Dell | 決算 | コスト削減 | 人員削減


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ