ニュース
» 2009年03月05日 08時00分 UPDATE

そろいのハッピで不況を打破?:ユーザー企業はグループウェアの必要性を認識――「CYBOZU AWARD 2009」

サイボウズは2008年度に高い導入実績を挙げた企業を「CYBOZU AWARD 2009」で表彰。受賞企業は「不況の中でも、ユーザー企業はグループウェアの必要性を認識している。決してIT投資の意欲は低くない」とコメントした。

[石森将文,ITmedia]

不況でもユーザー企業は情報伝達の重要性を認識

表彰するのはもちろん、ハッピ姿のサイボウズ青野社長。写真はプラチナパートナーとして優秀賞を受賞したNECの担当者 表彰するのはもちろん、ハッピ姿のサイボウズ青野社長。写真はプラチナパートナーとして優秀賞を受賞したNECの担当者

 サイボウズは3月5日、ユーザー企業に対し、2008年度に顕著な導入実績を挙げた企業を表彰する「CYBOZU AWARD 2009」を公表。前日の3月4日には、パートナー企業を一堂に集め表彰式を開催。軽食やアルコールが供される和やかな雰囲気で進行し、そろいのハッピ姿のサイボウズスタッフが会を盛り上げた。

 調査会社のリポートによると、サイボウズは国内グループウェア市場においてトップシェアを記録している(ノークリサーチ調べ)。当初サイボウズでは、自社サイトを通じた直販を行っていたが、販路拡大のためパートナー制度を導入。2005年には現行のパートナー制度「サイボウズ オフィシャルパートナー プログラム」が確立した。なお「CYBOZU AWARD」は昨年度からの施策となる。

 サイボウズのオフィシャルパートナーは、販売実績などによりプラチナ/ゴールド/シルバーに分類される。全パートナーにおける販売金額トップの企業に加え、今回は「優秀賞」として、上記各カテゴリごとにパートナー企業を選出した。また企業だけでなく、「個人」も選定対象とした。

 シルバーパートナーとして優秀賞に選ばれたイシマルは、長崎県に拠点を置く地場のシステムインテグレーター。出席した担当者は「われわれが開催したセミナーに青野社長が自ら参加してくれ、ブースの運営や来場者へのデモなどを1人でこなしてくれた。こういったパートナー重視の姿勢が、サイボウズ製品の拡販につながっているのではないか」と話す。またパートナー・オブ・ザ・イヤーとなった大塚商会の担当者は取材に対し「確かにユーザー企業内での景気の見通しは悪い。だが同時に、情報共有インフラとしてのグループウェアの必要性はユーザーのだれもが認識している。例えばガルーンは決して価格が安い製品ではないが、操作性や情報伝達の確実性がユーザーの中で評価され、導入につながっている」とコメントした。

 受賞一覧は次のとおり。

受賞企業、受賞者 選定基準
パートナー・オブ・ザ・イヤー 大塚商会 年間販売金額トップのパートナー企業
サイボウズ・アワード優秀賞 NEC(プラチナ)、NECソフト(ゴールド)、リコーテクノシステムズ(ゴールド)、イシマル(シルバー)、エアネット(ASP) 前期比販売額増加率と販促活動
セールスアドバイザ・オブ・ザ・イヤー 稲葉佳代(富士通エフサス) 年間を通じて際立った販売実績を残したSA(サイボウズ製品の販売スペシャリスト)認定者
システムコーディネータ・オブ・ザ・イヤー 矢崎 晃(日立システムバリュー) 年間を通じて際立った構築/サポート実績を残したSC(サイボウズ製品の構築スペシャリスト)認定者
ボウズマン・オブ・ザ・イヤー 内田洋行 新たなチャレンジと顕著な実績を挙げたパートナー企業

ootsuka.jpguchida.jpg 年間販売金額トップのパートナー企業として「パートナー・オブ・ザ・イヤー」を受賞した大塚商会の担当者(写真=左)、エンターテイメント表彰として新設された「ボウズマン・オブ・ザ・イヤー」の内田洋行(写真=右)。青いハッピ姿はサイボウズの担当者。仲が良さそうだ――

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -