ニュース
» 2009年03月05日 16時20分 公開

サプライチェーンを強化:アマゾン、大阪に第三の物流センター新設 関西圏でも当日配送

物流規模の拡大と配送サービスの強化を目指し、アマゾンジャパンは3拠点目の物流センターを大阪府堺市に新設する。

[ITmedia]

 Amazon.co.jpの物流サービスを手掛けるアマゾンジャパン・ロジスティクスは3月5日、配送サービスの強化に向け、大阪府堺市に物流センターを新設すると発表した。当日配送サービスの範囲を関西圏に広げられる。開業予定は8月初旬。

 新設する物流センターの名称は「アマゾン堺FC(フルフィルメントセンター)(仮)」。アマゾンジャパンにとって、関西地方では初となる物流センターで、関西近郊や西日本からの注文を配送する。注文を受けた当日または翌日に商品を配送するサービス「お急ぎ便」において、関西地方の当日配送も可能になる。

 大阪府堺市堺区築港八幡町にセンターを新設。延べ床面積は6万7923平方メートルになる。国内外の商品を供給する。開業に伴い100人の従業員を新たに雇用する。

 アマゾンジャパン・ロジスティクスは、3拠点目の物流センターを確保する。既存のセンターとして、千葉県に「アマゾン市川FC」「アマゾン八千代FC」がある。

関連キーワード

物流 | 改革 | Amazon | コスト削減 | 製造業


過去のニュース一覧はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -