ニュース
» 2009年03月05日 16時57分 公開

視認性を検証:フライデーのスクープ記事は注目を集めるか 福岡のデジタルサイネージで実験

COMELが福岡で設置を拡大するデジタルサイネージにフライデーや週刊現代のスクープ記事を配信し、視認効果を測定する実証実験が始まった。

[ITmedia]
コンテンツのイメージ 配信するコンテンツのイメージ(出典:講談社)

 COMELと講談社は3月4日、スクープ記事をデジタルサイネージ(電子看板)にコンテンツとして配信する実証実験を開始した。COMELが福岡市内の交通機関やコンビニエンスストアに設置した500以上のディスプレイを使う。

 配信するコンテンツの名称は「瞬刊フライデー」および「瞬刊現代」。講談社が開発した「瞬刊誌」と呼ぶメディアを使い、雑誌「週刊現代」および「フライデー」のスクープ記事を、3秒のコピーと写真で作る。その間に広告を挟み、雑誌を発売する前日に街中の端末に配信する。

 瞬刊誌の視聴率を測定し、講談社のコンテンツとCOMELのデジタルサイネージシステムを融合した効果的なメディアを検証する。今後は携帯電話やPCとの連携も視野に入れる。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -