レビュー
» 2009年03月11日 08時00分 公開

ホワイトペーパー:近代の仮想化データセンター

データセンターの膨大な電力消費と設置スペースに対し、それに見合うだけの活用がされていない、という従来の問題点に対し、仮想化は斬新で有効なソリューションといえる。情報資産管理に仮想化のメリットを生かす(提供:Pillar Data Systems)。

[PR/ITmedia]

 ストレージの仮想化は、リソースの有効活用や電力の削減とともに、管理・メンテナンスの簡素化を実現する。データセンターでは、リソース統合をすすめ、仮想化環境における、DAS、NAS、SAN、ネットワークストレージなど、異なるストレージリソースの統合による、効率性を向上を実現する。異機種環境のストレージ統合は、管理やメンテナンスに関する労力とコストを大幅に削減し、データセンターの有効性を高めることができる。

 仮想サーバと同じ方法でストレージのプロビジョニングができたら、ストレージアレイの有用性が高まり、結果として、より優れたサーバの統合化が実現され、コスト削減に貢献することができる。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -