ニュース
» 2009年03月26日 18時37分 公開

世界標準の作りに:ユニクロ、1年半ぶりにホームページを刷新

ユニクロは1年半ぶりにホームページを刷新した。トップページに商品を多数掲載し、顧客が買い物をしやすい作りにした。世界各国のWebサイトも日本のデザインに作り替える見通しだ。

[藤村能光,ITmedia]

 ユニクロは3月26日、ホームページ「UNIQLO.COM」を1年半ぶりに刷新した。ユニクロの商品やトピックが一目で分かる「シンプルかつ合理的」なデザインに仕上げた。

商品情報の掲載に重きをおいたトップページ 商品情報の掲載に重きをおいたトップページ

 トップページにはユニクロの商品を掲載し、異なる商品を同時に並べて比較できるようにした。見た商品をその場で購入できるように、オンラインストアの商品情報も同時に掲載するなど、顧客が必要とする情報以外をそぎ落とした。商品を拡大する倍率も上げ、「細かいチェックの柄なども閲覧できるようにした」(ユニクロ広報)。

 刷新前のホームページは、コマーシャルやキャンペーンなどの情報を中心に掲載していた。「商品情報は、これらのコンテンツからリンクをたどらないと閲覧できなかった」。また、商品情報はオンラインストアのWebページを新しいウィンドウで立ち上げて見る必要があり、利用者の負担になっていたという。

 トップページの作りで意識したのは、「ユニクロが顧客に伝えたい旬の情報を配置したこと」。刷新したサイトは、ユニクロのWebサイトのグローバルスタンダードと位置付け、世界各国のWebサイトも日本と同じデザインに刷新していく。

関連キーワード

リニューアル | ユニクロ | 検索 | デザイン


過去のニュース一覧はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -