レビュー
» 2009年03月31日 08時00分 公開

ホワイトペーパー:5分以内に気付くメールの「うっかり送信」をなくせる3つの方法とは?

メール誤送信による情報漏えいが今なお続いている。企業に求められるのは、メールを頻繁に使うユーザーが安心して業務を行える環境、ヒューマンエラーが起こっても安全な環境であることだ(提供:CSK Winテクノロジ)。

[PR/ITmedia]

 誰もが経験のある「うっかりミス」によるメールの誤送信が、場合によっては経営に影響を及ぼすほどの大事故につながってしまう可能性がある。重要ファイルを添付したメールを違う宛先に送信してしまったり、ダイレクトメールを「Bcc」ではなく「To」で送信してしまったり……。重要なメールが社外に出ていく前に誤送信を見つけ、送信を「なかったことにする」、そのような防止策が必要だ。

 本ホワイトペーパーでは人為的ミスによるメール誤送信の防止策を、送信メールを隔離領域にいったん保留しておく「送信保留」、添付ファイルを自動的にZIPファイルに変換してパスワードを送信者に送る「添付ファイルのZIP暗号化」、あて先に一定数以上のアドレスが含まれる場合に、あて先を強制的にBccに書き換える「Bccへの強制書き換え」の3点から解説する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -