ニュース
» 2009年03月31日 18時02分 公開

セキュリティ対策を選べる:NECネクサ、電子メールのASPサービスを開始

NECネクサソリューションズは、NECビッグローブのデータセンターを利用する電子メールのASPサービスを開始。セキュリティ対策機能を併せて提供する。

[ITmedia]

 NECネクサソリューションズは3月31日、WebメールのASPサービス「ClovernetメールASPサービス」を開始した。セキュリティ対策機能を選んで併用できるのが特徴となる。

 同サービスはNECビッグローブのデータセンターを利用して提供。ユーザー規模に応じた料金形態と、「メールボックス」「メールウイルスチェック」「迷惑メールチェック」「メール保管・監査」の各機能をユーザーが選んで利用できる。

 メールセキュリティでは、ウイルス対策にSymantec、スパム対策にCloudmarkの検出エンジンを利用。データセンターはISMSやプライバシーマークなどに基づいたセキュリティ対策と24時間対応の監視でメールシステムの安定稼働を支援するという。

 参考価格は、500メールボックスで基本料金とウイルス/スパム対策を利用する場合で、初期費用が9万2800円、月額費用が25万5200円となっている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -