ニュース
» 2009年03月31日 18時06分 公開

今夏に製品化:電子文書の廃棄を促す新技術、NEC情報システムズが開発

NEC情報システムズは、不要となった電子文書の廃棄をユーザーに促す文書管理技術を開発。今夏に製品化する。

[ITmedia]

 NEC情報システムズは3月31日、不要となった電子文書の廃棄をユーザーに促す文書管理システム「PROCENTER/C」(仮称)を開発すると発表した。

 PROCENTER/Cは、保管期限や活用度、重要度に応じた電子文書ごとの利用状況を把握し、不要となった文書データの削除をユーザーに促す。保管する版数や期間を指定し、古い電子文書を自動削除することもできるという。

 また、ファイル名に含まれる文字や採番ルール、承認フローなどに基いて文書データを格納する際に、格納のルールをフォルダ単位に指定できる。これにより、従来はユーザー自身に任せていた文書管理の運用をシステム化でき、ルールの徹底や登録ミスを回避できるという。

 7月に製品版として発売する計画で価格は120万円(税別)から。今後3年間で200システムの販売を見込む。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -