ニュース
» 2009年04月02日 08時11分 UPDATE

Dell、HP、IBMが提供:Microsoft、中小企業向け「Windows Server 2008 Foundation」発表

MicrosoftがWindows Server 2008の機能をしぼったエントリ向けエディションを発表した。OEMを通してのみの提供になる。

[ITmedia]

 米Microsoftは4月1日、同社のサーバ用OSの中小企業向けエディション「Windows Server 2008 Foundation」を発表した。OEMを通してのみ、日本を含む40カ国で提供する。

 ファイルシェアリングやリモートデスクトップなどの基本的なサーバ機能、15ユーザーまでサポートするActive Directory機能などを備え、Windows Server 2008ファミリーで稼働するビジネスアプリケーションに対応する。Windows Server 2008 FoundationはサーバOSファミリのエントリOSと位置付けられており、ユーザー企業は、上位エディションにスムーズにアップグレードできるという。

 Dell、Hewlett-Packard(HP)、IBMがWindows Server 2008 Foundation搭載サーバの販売を表明しており、向こう数カ月のうちに発売される見込み。価格は各OEMメーカーが設定する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -