レビュー
» 2009年04月06日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:データセンターにおけるサーバ仮想化の成否は、ストレージネットワークで決まる!

サーバ仮想化の効果を最大限に引き出すためには、より大規模なストレージリソースへのアクセスが不可欠だ。サーバ仮想化の導入において見落としがちなストレージネットワーク構築のポイントを解説する(提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ)。

[PR/ITmedia]

 仮想化によるサーバ統合を実施している企業が増えている。仮想化をより大規模に導入してその効果を最大限に引き出すためには、大規模に統合されたストレージリソースへのアクセスを提供し、システム全体で最適化を図ることが重要となる。では、実際にサーバ仮想化環境に最適化されたストレージネットワークを構築するには、どのようなポイントを考慮すべきなのだろうか?

 本ホワイトペーパーでは、サーバ仮想化の効果を引き出すために最適化されたデータセンター・ネットワーク構築のためのアーキテクチャと関連する技術動向を解説する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ