ニュース
» 2009年04月06日 16時50分 UPDATE

国内シェアトップへの「のろし」:富士通、Nehalem搭載ラックサーバを発表――現行品は最大49%値下げ

Xeon 5500番台を搭載した2Wayラックサーバを発表するとともに、現行品の大幅な価格引下げを実施する富士通。「2010年に国内IAサーバ市場でトップシェアを狙う」という宣言を裏打ちする施策となる。

[ITmedia]

 富士通は4月6日、最新のインテルプロセッサ「Xeon 5500番台」を搭載した2Wayラックサーバ、「PRIMERGY RX300 S5」および「RX200 S5」を発表した。

RX300 S5 RX300 S5

 メモリアクセスの高速化などXeon 5500番台に起因する機能向上に加え、AC-DC変換効率を従来比で約5%改善した電源ユニットの採用や、筐体前面の吸気面積率の17.5%にのぼる改善など、省電力性が考慮された設計となっている。まだDDR3メモリを最大で144ギガバイト実装可能(RX300 S5において2CPU搭載時)にするなど、ユーザーの仮想化へのニーズに応える仕様となっている。

 製品のラインアップは次の通り。出荷はすべて4月28日を予定する。

製品 価格(税別)
PRIMERGY RX300 S5(3.5/2.5インチSASモデル) ディスクレスタイプ 29万7000円
PRIMERGY RX300 S5(2.5インチSASモデル) Windows Server 2008 Standard バンドルタイプ/アレイ-73ギガバイト×1(RAID 0) 40万7000円
PRIMERGY RX200 S5 ディスクレスタイプ 26万1000円
PRIMERGY RX200 S5 Windows Server 2008 Standard バンドルタイプ 37万1000円

 なお現行販売品についても、ブレードサーバの本体価格を最大49%安くするなどの大幅な価格改訂を実施。2010年に国内IAサーバ市場でトップシェアを狙うという宣言を裏打ちする施策をとる。

関連キーワード

PRIMERGY | DDR3 | Nehalem


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -