レビュー
» 2009年04月10日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:押し寄せる“スパムの洪水”、悪質化するスパマーの手口とは

メールボックスや帯域を圧迫する大量のスパムメール。今後も大きな「波」となって企業を苦しめ続けるかもしれない。米シマンテックSaaS部門・メッセージラボがスパムの近年の動向や脅威の現状について総括する(提供:日本アイ・ビー・エム)。

[PR/ITmedia]

 電子メールの誕生以来、スパムメールがもたらす脅威も絶えず進化を続けてきた。現在、すべてのメールトラフィックの中でスパムメールの占める割合は約8割にも達するといわれる。

 本ホワイトペーパーでは、米シマンテックのSaaS部門であるメッセージラボ社が2009年に発行した、最新のスパム動向リポートを紹介する。ユーザー企業に代わり1日平均30億のSMTPメールコネクションと10億のWebリクエストを処理し、世界の1万9000を超える顧客と800万を超えるエンドユーザーに対してメール、Webのセキュリティサービスを提供しながら獲得してきた同社の知識に基づき総括された、興味深い内容となっている。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ