ニュース
» 2009年04月14日 14時53分 UPDATE

Hyper-Vに対応:日本CA、Webで設定操作ができるアクセス管理製品を発売

日本CAは、アクセス管理製品の最新版となる「CA Access Control r12 SP1 Premium Edition」を発売した。

[ITmedia]

 日本CAは4月14日、アクセス管理製品の最新版となる「CA Access Control r12 SP1 Premium Edition」を発売した。価格は5ライセンス版の場合で240万円からとなる。

 同製品では大規模環境におけるポリシー管理を簡素化することを目的に、Webの管理コンソールを採用。論理ホストグループの管理やポリシー管理などの操作が容易になる。また、内部統制業務のためのテンプレートやサンプルテンプレートを拡充した。

 対応環境では、Microsoft Windows Hyper-Vや米国の暗号に関する連邦標準規格「FIPS 140-2」、IPv6などサポートした。OS環境を問わず、システムやデータへのアクセスを一元的に管理できるようになるという。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -