ニュース
» 2009年04月14日 21時25分 UPDATE

Force.comで刷新:ローソン、情報共有基盤をクラウドに全面移行 Notesから乗り換え

ローソンは、社内の情報基盤として使っていたLotus Notesの機能を、クラウド型プラットフォームサービス「Force.com」上に全面移行させた。

[ITmedia]

 ローソンは、社内の情報基盤をクラウド型のプラットフォームサービス「Force.com」上に全面移行した。サービスを提供したセールスフォース・ドットコムが4月14日に発表した。

 同社は社内の情報基盤としてLotus Notesを使っていた。多数の利用が見込まれる情報共有の基盤を自社運用(オンプレミス)型で開発するのは、コストや開発期間、機能拡張の柔軟性から合理的ではないと判断。Lotus Notesで利用していたアプリケーションをForce.com上に移行し、Webアプリケーションとして再構築した。

 常務執行役員 CIO ITステーション・ディレクターの横溝陽一氏は「市場や消費者のニーズの変化に対応するためには、1つのベンダーですべてのシステムを構築するオンプレミス型のシステムは時代遅れになりつつある。(情報システムの環境は)さまざまなアイデアを柔軟に組み合わられるForce.comのようなクラウドコンピューティングにシフトしている」と発表文内でコメントを寄せている。

 Force.comは、セールスフォース・ドットコムがシステム開発の基盤をネットワーク経由で提供するクラウド型サービス。その上で稼働するアプリケーションは、システムインテグレーターや独立系ソフトウェアベンダーが独自に開発する。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -