レビュー
» 2009年04月15日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:コストを掛けないサーバ/ストレージ管理の標準化

企業のデータセンターは、最新サーバの導入とストレージ容量の増加が求められ、基幹系アプリケーションの可用性も向上させなくてはならない。こうした問題にコストを掛けずにいかに対処するのか、その手法を手引きする(提供:シマンテック)。

[PR/ITmedia]

 異機種混在のOS、ストレージ、アプリケーションに共通のツールセットを使い、ソフトウェア層の中で標準化を行えば、管理の煩雑さを大きく緩和しながら既存のシステムを最も有利に活用できるようになる。また、段階的なアプローチによって、システム管理者とストレージ管理者は具体的な利益をすぐに得られるようになる。

 本書では、シマンテックが提供する「Veritas Storage Foundation」による、異機種混在のオンラインストレージ管理の完全な手法を紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ