レビュー
» 2009年04月20日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:見える化の先を行くファイルサーバの「データベース化」計画

検索技術でファイルサーバを単に「見える化」するだけでよいのだろうか。ファイルサーバの利点を生かしながらコンテンツを整理し、整理後も積極的に利用し続ける方法とは(提供:ジップインフォブリッジ)。

[PR/ITmedia]

 ファイルサーバ上のコンテンツを有効に情報共有するためには、単純な検索手法だけではなく、人がものを探す時のプロセスのように「ヒント」や「気付き」を通じて目的にたどり着けるようなルートが不可欠となる。

 しかし、整理されていない情報を単に見える化するだけでは十分とはいえない。整理・分類されていない情報はいつまでたってもそのままである。ルールを明確にしない限り、ファイルサーバはジャングル化し巨大なゴミ箱に陥るのである。体系化・構造化が難しいファイルサーバのコンテンツを整理し、また整理後も利用し続けられる方法はないのか。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ