ニュース
» 2009年04月20日 18時49分 UPDATE

製品トレンド:ウイングアーク、SOA対応のPDFエンジンを発表

ウイングアークテクノロジーズは、SOAサービスの1つとして、PDFによる帳票生成サービスを組み込めるようにしたSOA対応PDFエンジン「SVF for PDF SOA Edition」を発表した。

[ITmedia]

コスト圧縮しながら高品質なアウトプットを

 「SVF for PDF SOA Edition」は日本IBMと共同開発され、IBM WebSphere Application Serverと連携し4月20日から販売開始された。価格はライセンス、構築サービスと合わせて500万円(税別)から。SVF for PDF SOA Editionは同社の「SVF for PDF」を帳票出力エンジンとするSVF帳票サーバでSOAPのインタフェースを装備しており、SVFによって生成される表現豊かな帳票機能をSOAのサービスとして組み込むことができる。J2EEや.NETのアプリケーション、リッチクライアントやSaaSなどSOA、Webサービスの標準であるWSDL、SOAPに対応したシステムとの連携や通信を行うことで、業務に合わせて最適化されたPDFの生成が可能だという。業務アプリケーションごとに検討していた帳票ツールを基盤化しWebサービスで連携することによって、アプリケーションの開発言語に依存することなく、より短期間に、低コストでの開発・導入が可能。また帳票基盤の集約によるコスト削減だけでなく、再利用性が高いため運用費用の圧縮を見込むことができIT投資の抑制に寄与することを狙う。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ