ニュース
» 2009年04月20日 19時46分 UPDATE

IDC Japan調べ:デスクトップ仮想化ソフトが活況 年平均62.1%の高成長に

クライアント環境を仮想化するソフトやサービスの市場が急拡大しそうだ。IDC Japanによると、デスクトップ仮想化ソフトを中心に企業の採用が拡大し、同サービスの市場規模は年間平均33.9%で成長する。

[ITmedia]

 調査会社のIDC Japanは4月20日、ライアント仮想化サービスの市場規模が年間平均33.9%で成長すると発表した。デスクトップ仮想化ソフトウェアを中心に企業での採用が増え、クライアント仮想化サービスの累積導入数は2013年に31.8%に上る見通しだ。

 IDCは2008年における同市場の規模は855億円、2013年には3678億円に達すると予測している。2008年から2013年までの年間平均成長率は33.9%に達する。同サービスの中核をなすクライアント仮想化ソフトウェア市場が市場規模の拡大をけん引する。出荷されるライセンス数は2008年が48万で、2013年には127万に上るとみている。

 デスクトップ仮想化ソフトウェア市場はさらに活況だ。VMwareCitrixMicrosoftなどの参入で勢いが増しており、2013年まで年間平均62.1%の高い成長率で推移する。これに伴い、2013年までの累積導入率は、企業向けクライアントPCの稼働台数に対して31.8%に拡大する。

 一方、シンクライアント端末の出荷台数は、2008年が前年比4.4%増の約12万台。金融危機による景気後退の影響を受けたことで、ほかの仮想化サービスよりも成長に勢いがない。出荷が回復基調になるのは2010年後半で、2013年には出荷台数が46万台を超えるとIDCは見る。

国内クライアント仮想化市場のクライアント仮想化ソリューション別売上額の予測 2008〜2013年におけるクライアント仮想化ソリューション別売上額の予測(出典:IDC Japan)

 同社は今回の調査においてクライアント仮想化サービスを、シンクライアント端末、クライアント仮想化ソフトウェア、関連サービスなどを含むものと定義している。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -