レビュー
» 2009年04月21日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:特権ユーザーを管理しなければならないこれだけの理由

Cost of Doing Nothing――ITシステム基盤には、「対策を講じないことによるデメリット」が知らず知らずの間に潜んでいる。それは、減らすことのできるコストであったりリスクであったりする(提供:日本CA)。

[PR/ITmedia]

 ネットワークOSの最高位のアクセス権限であるスーパユーザー(特権ユーザー)。OSで役割を分担しても、特権ユーザーはデータへのアクセス権を自由に取得/再取得できてしまう。

 ルート、管理者、ドメイン管理者などの特権ユーザーで重要なのは、名前ではなくその実体である。名前はどうあれ、その無制限のアクセス権は現在のネットワーク環境における問題の最大の原因にもなり得る。

 OSの初期設定で管理されているネットワークで発生する問題は、特権ユーザーの役割と責任に関係していることが多い。この問題では、必ずしもIT部門に責任があるとは限らないが、管理者が使用するIDに原因が潜んでいることは確かだ。システムを管理する管理者間での役割分担を妨げる原因は、OSのアーキテクチャ自体に存在する。9章からなるeBookの1章である「スーパユーザの制限」では、そこから生じるリスクを説明する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ