ニュース
» 2009年04月22日 14時40分 UPDATE

専門組織を新設:NEC、デジタルサイネージ事業に本腰 売り上げ100億円目指す

NECは、デジタルサイネージ事業の新組織を設置した。10年以上取り組んできたデジタルサイネージ関連の製品や業務アプリケーションを連携したサービスを展開し、2010年に100億円規模の売り上げを目指す。

[ITmedia]

 NECは4月22日、デジタルサイネージ(電子看板)事業の強化を掲げ、新組織を設置したと発表した。10年以上推進してきた同事業の企画、開発、システム構築、営業部門を集めた統括部門という位置付けで、70人程度で構成。2010年に国内で100億円の売り上げを目指す。

 新組織の名称は「通信メディアサービスソリューション事業部 デジタルサイネージビジネス推進グループ」。デジタルサイネージのシステム構築やサービスを国内外で展開する。

 具体的には、デジタルサイネージ製品「eye flavor」、業務用ディスプレイ、配信ソフトウェア/ネットワーク、広告コンテンツを組み合わせたシステムの構築やデータのログ分析をサービスとして提供する。

 今後は、広告配信ソフトウェアなどをSaaS(サービスとしてのソフトウェア)として提供し、医療や流通、自治体などの業界にサービスを拡販していく。

 業務用ディスプレイで100億円程度の販売実績がある海外市場の開拓も進める。ディスプレイやソフトウェア、NECが展開している業務アプリケーションなどを取り入れたサービスの開発を進め、グローバル規模でデジタルサイネージ事業の収益化を目指す。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -