ニュース
» 2009年04月28日 16時50分 UPDATE

Twitterに対抗できるか:Facebook、ストリームを利用できる「Open Stream API」をリリース

開発者はストリーム上の情報を、携帯、Webサイト、デスクトップ上のアプリで表示させることができるようになる。

[ITmedia]

 米Facebookは4月27日、ユーザーの“ストリーム”を利用するための「Facebook Open Stream API」を開発者向けにリリースしたと発表した。

 ストリームとは、Facebookユーザーのホームページに表示される、一連の友達の投稿やアクティビティなどの情報を指す。

 同APIにより、ユーザーはアプリを使って自分のストリームをFacebookにアクセスせずに読んだり更新することができるようになる。アプリの開発者は、ストリーム上の情報を携帯、Webサイト、デスクトップ上のアプリで表示させることができる。

 Facebookは、オープンソースのフレームワーク「Activity Streams」を組み込み、新たなAPIやSQLテーブルを追加することでOpen Stream APIを構築したという。開発者はユーザーのストリームにアクセスし、それをフィルタリングしたりリミックスして新たな情報としてFacebook以外のサイトで表示することができる。

 ただし、ストリームにアクセスするにはユーザーの許可が必要だ。

 ビデオチャットアプリメーカーのSeesmicが同APIを利用したガジェット「Seesmic Desktop」をリリースした。このガジェットを利用すると、例えばTwitterも使っているFacebookユーザーは、FacebookのストリームとTwitterのつぶやきを並行して表示しておくことができる。

seesmic

関連キーワード

Facebook | API | 開発者 | Twitter | OpenID | オープンソース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ