ニュース
» 2009年05月20日 12時56分 UPDATE

日本のGDP成長率、戦後最大の減少を記録

2009年1月〜3月期の実質GDP成長率は年率換算で15.2%減と、戦後最悪のマイナス成長となった。

[ITmedia]

 内閣府が5月20日に発表した2009年1月〜3月期のGDP(国内総生産)速報によると、物価変動の影響を除いた実質GDPの成長率は、前期比でマイナス4.0%、年率換算でマイナス15.2%と、2008年10〜12月期のマイナス14.4%を抜き、戦後最大の減少率を記録した。名目GDPの成長率は、前期比でマイナス2.9%、年率でマイナス10.9%だった。

 同時に発表された2008年度の実質GDPの成長率はマイナス3.5%、名目GDPの成長率はマイナス3.7%となった。

2009年1〜3期の実質GDP成長率と名目GDP成長率(出典:内閣府) 2009年1〜3期の実質GDP成長率と名目GDP成長率(出典:内閣府)

関連キーワード

中国 | 内閣 | 個人消費


Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -