ニュース
» 2009年05月29日 15時00分 公開

HDE、サーバ仮想化管理ソフトウェアをOSSで公開

HDEはサーバ仮想化管理ソフトウェア「Karesansui」をオープンソースとして公開した。現在サポートしているハイパーバイザーはXenだけだが、今後KVMにも対応予定。

[ITmedia]
Karesansuiメイン画面

 HDEは5月28日、Pythonで記述されたサーバ仮想化管理ソフトウェア「Karesansui」をオープンソースとして無償公開した。合わせて、Karesansuiの開発を推進するKaresansui Projectを立ち上げている。

 Karesansuiでは、RESTfulアーキテクチャを採用。ゲストOSの起動・停止・管理(スナップショットの作成、CPU数、メモリサイズの変更など)をWebブラウザ上から行える。対応ホストOSはCentOS 5.3以降、ゲストOSはXenの準仮想化に対応しているOSすべてを操作可能。今後KVMにも対応予定としている。

 ライセンスについては、コア部分がLGPL、そのほかの部分がGPLとなっている。

関連キーワード

仮想化 | HDE | 仮想化管理 | Xen | オープンソース


関連ホワイトペーパー

仮想化 | オープンソース


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -