ニュース
» 2009年06月10日 12時22分 UPDATE

10万以上のパートナーと交流:IBM、ビジネスパートナー向けSNS「PartnerWorld Communities」立ち上げ

IBMの総合支援プログラム「PartnerWorld」に参加しているメンバー同士がブログやフォーラムを通じて交流し、ソリューション設計などで協力できる。

[ITmedia]

 米IBMは6月9日、同社のビジネスパートナー向け総合支援プログラム「PartnerWorld」にSNS機能を追加したと発表した。PartnerWorldに参加している世界の10万以上のパートナーが相互に交流できる。

ibm

 「PartnerWorld Communities」は同社のソーシャルソフトウェア「Lotus Connections」をベースにしており、企業はブログ、フォーラム、プライベートグループなどをセキュアに利用できる。自社の専門分野や保有技術をプロフィールで公開し、テーマに沿ったオンラインコミュニティーを立ち上げてほかのパートナー企業との協業を図ることができるほか、IBMの専門家にチャットでのリアルタイムサポートを求めることができる。

 同社は4月に、技術者向け情報サイト「developerWorks」にも同様のSNS機能「My developerWorks」を追加している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -