ニュース
» 2009年06月11日 15時44分 UPDATE

軽量・省電力のモジュラーサーバ:HP、大規模データセンター向け製品ライン「Extreme Scale-Out」発表

「HP ExSO」は、クラウドサービスなどを運営する大規模データセンター向けの、軽量シャーシで構築するモジュラー式のサーバ製品ライン。

[ITmedia]

 米Hewlett-Packard(HP)は6月10日、クラウドサービスなどを運営する大規模データセンター向けのサーバ製品ライン「Extreme Scale-Out(ExSO)」を発表した。サーバやモジュラーシステム、管理ツール、サポートなどで構成されており、ExSOの採用により企業は大幅なコスト削減を実現できるとしている。

 HP ExSOの中心となるのは、従来のシャーシとラックに代わる新たな“スキンレス”シャーシを使ったモジュラーサーバ「HP ProLiant SL」シリーズ。シャーシは非常に軽量で、ファンと電源が付属する。

hp

 HPはHP ProLiant SLシリーズとして、新たに3種類のサーバノードを発表した。「ProLiant SL2x170z」は1Uに2台サーバを収納する高密度サーバ。「SL160z」は18のDIMMスロットと2つのPCIスロットを持ち、大容量メモリを必要とするアプリケーション向けのサーバ。「SL170z」は最大6台までHDDを搭載できるWeb検索やデータベース向けのサーバだ。いずれもCPUはIntelのXeon 5500番台を搭載する。

 企業はHP ProLiant SLを採用することで、購入価格で10%、消費電力で28%削減できるという。

 またデータセンターの設備運営管理をサポートするソリューション「HP Data Center Environmental Edge」を発表した。データセンター内に無線センサーを設置し、室温、湿度、気圧などのリアルタイムの計測データを視覚化して管理者に提供するというもの。

 価格や発売に関しては6月15日に発表の予定。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ