ニュース
» 2009年06月15日 18時50分 UPDATE

日立とMS、運用管理分野の協業で基本合意

日立とマイクロソフトは、「JP1」および「Microsoft System Center」の連携を進めることで合意。年内の新製品開発も目指す。

[ITmedia]

 日立製作所(以下、日立)とマイクロソフトは6月15日、仮想環境の運用管理分野における協業について基本合意したことを公表。日立のシステム運用管理製品「JP1」およびマイクロソフトの「Microsoft System Center」の連携を進める。

 取り組みの端緒として両社は、「System Center Virtual Machine Manager」の技術を活用し、今後の製品リリースおよびJP1やSystem Centerの機能拡充を行う。目指すところは物理・仮想サーバが混在する企業ITインフラの統合的管理となる。具体的な取り組みやリリース計画は検討中だが、年内に何らかの新製品をリリースすることを目指し、協業を図っていく。

 今後両社は、仮想化を含む統合運用管理ビジネスの展開に向け、共同開発する製品の販売体制の準備、共催セミナーの実施など、マーケティング施策も共同で行うという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -