ニュース
» 2009年06月16日 08時00分 UPDATE

P&G、全世界で文書の出力業務を管理 TCOを25%削減へ

米Procter & Gambleは、世界各国の拠点における文書の出力業務などを管理し、TCOを最大25%削減する取り組みを始める

[ITmedia]

 米Procter & Gamble(P&G)は、世界各国の拠点における文書の出力業務を管理し、TCO(総保有コスト)を最大25%削減する取り組みを始める。オフィスにおける文書の出力環境を管理するサービス契約を米Xeroxおよび富士ゼロックスと結んだとして、2社が6月15日に発表した。

 P&Gが採用したのは「Xerox Office Services(XOS)」と呼ぶプリント管理サービス。これはXeroxおよび富士ゼロックスが提供するサービスで、プリンタや複写機、FAXなどのオフィス出力機器を対象に、いつ、どのように文書を出力するかを管理する。P&Gは5年間のサービス契約を結び、出力に関連する消費電力を年間30%、紙の消費量を年間20〜30%削減する。

 従業員が新しい出力環境で業務を運営できるように、出力に関連する作業に必要な時間の短縮も支援する。オフィス出力環境の移行期間中に業務の中断を抑えるため、出力機器を利用するためプリンタドライバーのインストールを支援したり、消耗品の受発注ができるWebポータルサイトを立ち上げたりする。

関連ホワイトペーパー

運用管理 | 環境保護 | 富士ゼロックス


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ