ニュース
» 2009年06月23日 16時27分 UPDATE

Palm、「Palm Pre」の「WebOS」オープンソースポータルを開設

Palm Preでも利用されているPalmの自社OSである「WebOS」のオープンソースポータルが開設された。

[末岡洋子,SourceForge.JP Magazine]
SourceForge.JP Magazine

 Palmは米国時間の6月18日、スマートフォン向けの自社OS「WebOS」のオープンソースポータル「opensource.palm.com」を開設、ソースコードを公開した。コミュニティー活動やオープンソースライセンスの順守を目的とし、オープンソース開発者の参加を促す。

 WebOSは、同社の最新のスマートフォン「Palm Pre」で利用されているOS。Linuxカーネル2.6.24を土台に、さまざまなオープンソース技術を加えたもの。

 Palmはすでに開発者向けの情報サイト「Palm Developer Network」を運営しているが、今回のオープンソースポータル開設は、Linuxが利用するGPLなどオープンソースライセンスの規定を満たすためのもの。Palmのオープンソースチームとコンタクトを取ったり、オープンソースコンポーネントのソースコードや最新のオープンソースライセンスファイルをダウンロードできる。

 これらの取り組みで、世界のオープンソースコミュニティーとコラボレーションしながらイノベーションを促進していくとしている。

 Palmでは、オープンソースライセンス順守に当たり、社内で順守状況を統括するチームを立ち上げたり、コードスキャン、関連分析ツールなど商用/Palm開発ツールを利用して、順守に関するプロジェクト管理などを行うという。

関連キーワード

Palm | Palm Pre


Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -