ニュース
» 2009年06月26日 17時34分 UPDATE

クレオ、業務パッケージ「ZeeM 人材開発」を発表

業務パッケージ「Zeemシリーズ」を開発、販売しているクレオは、同シリーズの新製品「ZeeM 人材開発」の販売開始を発表した。

[ITmedia]

人材開発のレベルを上げるためのツール

 クレオは「Zeemシリーズ」で会計や人事給与パッケージを提供している。「ZeeM 人材開発」はその姉妹製品と呼ぶべきもので、社員の業務上の目標管理、キャリア開発などユーザー企業の人材戦略を支えるソリューションとして位置づけられている。

 クレオによれば、開発の背景には、外注費などのコスト圧縮の必要に迫られている各企業の現状があるという。外注費を低減するためには、社内スタッフ各人が持つ、スキル、業務経験を正確に把握して、効率的に人材を配置する必要が出てくる。ZeeM 人材開発はこうした人材に関する情報を正確に把握した上で、各人材の目標設定や効率的なスキル開発を支えるツールだ。いわゆる現状での「適材適所」の配置だけでなく、部下と上司、あるいはその上の管理者が将来のキャリア開発について綿密にコミュニケーションを図ることのできるツールとして開発されている。

 プロダクト事業部の肥沼俊充 事業部長は次のよう語る。

 「各社員のキャリアや業務上の目標設定は、その企業の経営目標とリンクしていなければならないはずだが、いろいろと話を聞いてみると、必ずしもうまくいっている企業ばかりではないようだ。また、一度設定した目標についても、定期的に進ちょく状況をチェックし、上司と部下が話し合いを重ねるなどして、社員のモチベーションを高めていくことが重要になるが、これも現実には簡単な作業とは言えない。さらに言えば、目標管理については紙ベースや電子ファイルベースで、バラバラに管理されているケースも多い。業務履歴から個人の目標まで、統合して管理できる環境を整えていくことが今ほど求められている時代はないだろう」

 ZeeM 人材開発はWebブラウザで各社員の目標管理、スキル管理など個人情報を整理して閲覧でき、証跡管理とワークフローによる内部統制に対応して人事情報を社内で安全に運用できるという。また入力が必要な評価シートなどの設計も、各企業の事情に合わせたカスタマイズが容易にできるとのことだ。

 クレオでは、価格の目安として従業員数2000人までの場合で500万円からとしている。出荷開始は2010年1月からの予定。

関連キーワード

人材 | 目標 | クレオ | 会計 | キャリア | 人事 | スキル


関連ホワイトペーパー

運用管理 | 人事 | スキル | 内部統制 | ワークフロー


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ