ニュース
» 2009年07月15日 19時02分 UPDATE

日本オラクル、E-Business Suiteの最新版を発表

日本オラクルはERPの最新版「Oracle E-Business Suite R12.1」を提供すると発表した。

[ITmedia]

 日本オラクルは7月15日、ERPの最新版「Oracle E-Business Suite R12.1」を同日から提供すると発表した。適材適所の人材配置を実現する機能「タレントマネジメント」やサプライチェーンマネジメントの新機能を追加した。E-Business Suiteに加え、買収製品についても新規開発を続ける方針「Application Unlimited」に沿ったもの。一方、買収製品をSOAで組み合わせる新アプリケーション「Fusion Applications」については、発表時期などスケジュールを明らかにしていない。

 R12.1の特徴の1つは、タレント・プロファイルと呼ぶ新機能。従業員を「タレント」と位置づけ、業績目標、研修や証明書、主な担当分野、学歴、人事考課、受賞歴といった情報を管理する。企業が導入することにより、プロジェクトで必要になった人材を社内で見つけやすくしたり、各担当者に求められる習熟度と現状の習熟度のギャップを把握できたりといった効果が見込めるという。

 サプライチェーンマネジメントの新機能は「Demand Signal Repository」と「Manufacturing Operations Center」の2つ。Demand Signal Repositoryは、OEMメーカーや販売店などに分散している自社製品の需要情報を統合して見られるようにするもの。これにより、サプライチェーン上の需要を全体として可視化できるため、過剰生産あるいは在庫不足などを起こさずに済む。

 Manufacturing Operations Centerは、いわゆるMES(製造実行システム)と呼ぶ機能だ。生産計画などを立案するERP側と、工場などの現場における実績としての生産数などがシステムとしてつながっていないといった課題に対応できるようにする。これにより、生産装置の稼働率の最適化などが図れるようになる。

 Oracle E-Business Suite R12.1の価格は、最少ユーザーである5人の場合で会計機能が262万1850円となっている。

過去のニュース一覧はこちら

関連ホワイトペーパー

Oracle(オラクル) | ERP | SCM | 在庫管理


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -