ニュース
» 2009年07月16日 15時40分 UPDATE

第2四半期のPC市場、一部地域で回復の兆候

第2四半期のPC出荷台数は予想ほどには減少しておらず、一部地域では「小さな回復の兆候」が見られるという。

[ITmedia]

 2009年第2四半期も世界PC市場は下降傾向が続いたが、出荷台数は予想したほどには低下しなかった。調査会社Gartnerが7月15日に調査速報を発表した。

 同四半期の世界PC出荷台数は前年同期比5%減の6810万台。Gartnerが6月に予想していた「9.8%減」は上回った。Gartnerはこの結果を「一部地域において、出荷台数という点でPC市場が回復していることを示す小さな兆候と解釈できる」としている。

 ベンダー別では、Hewlett-Packard(HP)が首位を維持した。シェアは19.6%で、出荷台数は前年同期から2.8%伸びた。2位のDellは出荷台数が17%減少し、シェアを落とした。一方3位のAcerは安価なノートPCでシェアを伸ばし、Dellに迫っている。

2009年第2四半期の世界PC出荷台数(単位:千台)
社名 2Q09出荷台数 2Q09市場シェア(%) 2Q08出荷台数 2Q08市場シェア(%) 2Q09-2Q08伸び率(%)
Hewlett-Packard 13,371 19.6 13,012 18.1 2.8
Dell 9,259 13.6 11,160 15.6 -17.0
Acer 9,196 13.5 6,851 9.5 34.2
Lenovo 5,758 8.4 5,581 7.8 3.2
東芝 3,395 5.0 3,087 4.3 10.0
その他 27,169 39.9 32,050 44.7 -15.2
合計 68,149 100.0 71,741 100.0 -5.0
(資料:Gartner)

 米国では、PC出荷台数は前年同期比1.2%減の1640万台、Gartnerが予測した「12%減」を上回る結果となった。デスクトップPCは2けたペースの減少となったが、モバイルPCが20%近く伸びた。第1四半期に2位に転落したDellが首位に復帰したが、2位のHewlett-Packardとの差はわずか0.3ポイント。3位には出荷台数を74%伸ばしたAcerが入り、Appleは4位となった。

2009年第2四半期の米PC出荷台数(単位:千台)
社名 2Q09出荷台数 2Q09市場シェア(%) 2Q08出荷台数 2Q08市場シェア(%) 2Q09-2Q08伸び率(%)
Dell 4,248 26.0 5,227 31.6 -18.7
Hewlett-Packard 4,209 25.7 4,161 25.1 1.2
Acer 2,318 14.2 1,331 8.0 74.2
Apple 1,422 8.7 1,387 8.4 2.5
東芝 1,120 6.8 915 5.5 22.5
その他 3,034 18.6 3,529 21.3 -14.0
合計 16,351 100.0 16,549 100.0 -1.2
(資料:Gartner)

 アジア太平洋地域は前年同期比2.3%増となり、2四半期ぶりの出荷台数増となった。特に中国は7%増と成長をけん引したという。EMEA(欧州、中東、アフリカ)地域は10.9%減、ラテンアメリカは16.6%減、日本は法人市場の需要低迷で3.2%減となった。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -