ニュース
» 2009年07月16日 16時30分 UPDATE

オールインワンサーバにUC機能も追加:IBM、SMB向けアプライアンスサーバにVoIP機能を搭載

IBMがMicrosoftの「Windows Essential Server Solutions」対抗アプライアンス「Lotus Foundations」の新製品を発表した。

[ITmedia]
foundations

 米IBMは7月15日、中堅・中小企業(SMB)向けアプライアンスサーバ「Lotus Foundations Reach」を発表した。

 Lotus Foundationsシリーズは、Lotus Dominoの電子メールとコラボレーション、ファイル管理、ディレクトリサービス、ファイアウォール、バックアップ&リカバリ、およびオフィススイートのSymphonyという、SMBで必要となる機能を搭載したコンパクトなサーバ。

 新製品では同社が提唱するコンセプト「Unified Communications & Collaboration(UC2)」に基づいたVoIP機能によるインスタントメッセージング(IM)、プレゼンス機能、IP電話が利用できる。発売は8月の予定。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ