ニュース
» 2009年07月22日 18時26分 UPDATE

H3C、データセンター向けスイッチ製品2シリーズを発売へ

3Com傘下のH3Cは、100GbEに対応したデータセンター向けコアスイッチなど2つの製品シリーズを発表した。

[ITmedia]

 3Com傘下のH3C テクノロジージャパンは7月22日、40/100GbE対応のコアスイッチ「H3C S12500」シリーズと、1Uに最大24ポートの10GbEを搭載できるイーサネットスイッチ「同 S5800」シリーズを発表した。9月から順次発売する。

 S12500シリーズは、マルチファブリック対応の「マルチプレーンスイッチングアーキテクチャ」を採用し、毎秒6.6テラビットの処理性能や同22億パケットの転送能力を持つ。最大512ポートの10GbEポートを搭載できるほか、ノンブロッキング構成ではGbEポートを同864ポートまで拡張可能な仕様となっている。

 S5800シリーズでは、S5800/S5810/S5820の3つの製品ラインで計9機種をラインアップする。S5280X-28Sでは1Uに最大24ポートの10GbEポートを搭載。同社のオープンアプリケーションアーキテクチャに対応して、ファイアウォール、IPS(不正侵入防御)、無線LAN制御の各モジュールを本体に追加できる。

h3c01.jpg S5280X-28S

 2シリーズとも、シャーシを仮想的に統合、運用できるアーキテクチャ「IRFバージョン2」に対応。S12500シリーズでは、分散している複数の機器を単一のスイッチファブリックとして運用できる。S5800シリーズでは、4台の機器をスタックすることで10GbEポートを最大88ポート、GbEポートでは同280ポートを論理的に1つの仮想スイッチとして構成する。

 製品価格は、S12500シリーズが10GbEを64ポート搭載して完全冗長構成にした場合で4660万円、S5800シリーズは128万円からとなっている。

 同社の久保田則夫社長はマーケティング戦略について説明。従来は入札で参入可能な官公庁・教育機関向けに注力してきたが、新製品を皮切りにデータセンターや大規模企業向け市場に進出すると表明した。2012年までに国内のL2/L3スイッチ市場でシェア10%の獲得を目指すという。

 3Comアジア太平洋地域担当副社長のローズ・チェン副社長は、「われわれはL2/L3スイッチから出発し、中国を中心にIPネットワークに注力した製品展開が支持されつつある。今後はハイエンドからローエンドまでの広範な製品群を日本市場に投入していく」と話した。

h3c02.jpg 新製品を先行導入したAlibabaの事例

 同社の主要顧客では中国の政府機関や金融、オンラインサービス、大学などのほか、フランスのPeugeot Citroenグループ、アパレル大手のGapなどがあり、国内では北海道大学や社会保険庁、茨城県警が同社製品を導入しているという。

過去のニュース一覧はこちら

関連ホワイトペーパー

ギガビットイーサネット | データセンター


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -