ニュース
» 2009年07月23日 18時48分 UPDATE

シトリックス、複数のXenServerを管理するEssentialsの最新版を発表

シトリックスは、複数のCitrix XenServerを管理するための「Citrix Essentials for XenServer 5.5」を発表した。

[ITmedia]

 シトリックス・システムズ・ジャパンは7月23日、複数のCitrix XenServerを管理するためのツール製品の最新版「Citrix Essentials for XenServer 5.5」を発表した。ロードバランシングやストレージ連係を強化した「Enterprise Edition」を先行発売した。

 Citrix Essentialsは、同社が無償提供するCitrix XenServerを統合管理するための製品。最新版では、「Workload Balancing」と「StorageLink」という2つの新機能を搭載している。

 Workload Balancingは、仮想マシンの利用効率を高めることを目的に、運用状況に応じた理想的な仮想マシンの配置方法をユーザーに提案する機能となる。ユーザーは、CPU使用率やメモリ使用率、ネットワーク状況、ディスクへのアクセスについて最適化を図る基準を事前に設定することにより、同機能が仮想マシンとホストマシンのパフォーマンス状態を分析し、仮想マシンの再配置方法を知らせる。

citrix02.jpg Workload Balancingの設定画面

 StorageLinkは、仮想マシン上からストレージを利用するための機能。ストレージ利用のAPIであるSMI-Sに対応したストレージ製品やDell、NetAppなどが提供するAPIを通じて、StorageLinkの管理ユーザーインタフェースから各ストレージを集中管理することもできる。ユーザーが管理ユーザーインタフェースで使用する仮想マシンとストレージを指定することで利用可能になる。

 Citrix Essentialsにはこれらの機能に加えて、テスト時や開発時に使用する仮想マシンを管理する「Lab Management」機能や物理サーバへのプロビジョニング機能を搭載した「Platinum Edition」もラインアップする。また、2つのエディションではMicrosoftの仮想化プラットフォームHyper-Vのサポートを予定しているが、発売は未定。

 プロダクトマーケティングの北瀬公彦マネジャーは、「Platinum EditionとHyper-V対応版は日本語化を鋭意進めている途中であり、今後ライセンス体系を含めて発表する」と説明した。また同氏によれば、Citrix XenServerを無償化して以降に約10万件のダウンロードがあったという。

citrix01.jpg Citrix Essentialsの2つのエディションとCitrix XenServerの違い

 Citrix Essentials for XenServer 5.5 Enterprise Editionの販売価格は、物理サーバ1台当たり46万7500円からとなっている。

過去のニュース一覧はこちら

関連ホワイトペーパー

Citrix(シトリックス)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -