連載
» 2009年08月07日 16時58分 公開

オルタナブログ通信:Twitterは政治“家”を変えるのか? (3/4)

[森川拓男,ITmedia]

iPhoneとAndroidのユーザーの違い

 ランキングでも紹介したが、またしてもオルタナブロガーのiPhoneユーザーが増えた。山口陽平氏「一般システムエンジニアの刻苦勉励」のスパボ一括の安さに負けてiPhoneを買ってしまったである。例の皆既日食をiPhoneで撮影しようと試みたのは市川朝之氏「Touch and Go」。皆既日食 iPhone 3GSで動画撮影したが、曇りでハッキリ見えなかったのが残念だった。

 iPhoneユーザーではあるが、谷川耕一氏「むささびの視線」は、iPhone使いだけれどAndroidはそれなりに気になっているのだよで書かれたように、Androidも捨てがたいようだ。

 どうもiPhoneに水を開けられがちのAndroid陣営だが、ユーザーがいないわけではない。今回、ランキングでも1位になった吉田賢治郎氏「けんじろう と コラボろう!」ののんびり「アンドロイド」と、せっかち「iPhone」では、そんなユーザーの違いを分析してみせてくれた。要は、ブログを閲覧している端末についての分析で、携帯電話では首位になったiPhoneも平均滞在時間が1分52秒とダントツに短く、Androidは5分を超えているという。このことが証明するものは何か――今後のコンテンツビジネスの参考になるかもしれない。

 孤軍奮闘している感じになっているが、林雅之氏「『ビジネス2.0』の視点」のT-01Aの「リッチ・モバイル」環境をビジネスに立ち上がるmicroSDソフトビジネスでは、今後のmicroSDソフトビジネスに注目しているようだ。Android、iPhoneなどといったスマートフォンが、この市場を変えていくのかどうかに注目だ。

死ぬまでに成し遂げたい3つのこと

 前回も少し取り上げた、「番長と遊ぼう」の新企画死ぬまでに成し遂げたい3つのこと 〜 番長と遊ぼう!。7月23日〜29日に投稿されたものが本稿では取り上げているが、この企画に関しては、8月1日までに書かれたエントリーを次ページで一挙紹介しよう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -