ニュース
» 2009年08月25日 18時57分 UPDATE

ウォッチガードとITレスキュー、中小向けUTMで協業

ウォッチガードのUTMを利用した中小企業向けのセキュリティ監視サービスをITレスキューが提供する。

[ITmedia]

 ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンとITレスキューは8月25日、中小企業向けのUTM(統合脅威管理)製品の販売やサービス提供で協業すると発表した。

 ITレスキューは、SOHOや中小企業を対象にウォッチガードの小規模向けUTMアプライアンス「Firebox X Edge」を販売するとともに、管理ツール「WatchGuard System Manager」を利用したセキュリティ管理サービス「RESCUE Watcher」を9月1日から始める。

 Firebox X Edgeは、ウイルス対策やスパム対策、Webフィルタリングなどの機能を1台に集約した。2社では今後1年間に3000台の販売を見込む。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連ホワイトペーパー

UTM | アプライアンス


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ