ニュース
» 2009年08月26日 19時11分 UPDATE

NTTアイティ、短期導入が可能なリモートアクセス製品を発売

NTTアイティは、リモートアクセス製品「マジックコネクト」に、発注から3〜10営業日で運用を開始できるサービスやパッケージを追加する。

[ITmedia]

 NTTアイティは8月26日、画面転送型リモートアクセス製品「マジックコネクト」を利用した新サービス「端末認証型マジックコネクトASPサービス」と、新製品の「端末認証型マジックコネクトパッケージ製品」を9月15日に発売すると発表した。受注から3〜10営業日で運用を開始できる。

 端末認証型マジックコネクトASPサービスは、リモートアクセスするPCに専用ビューワソフトをインストールし、アカウントIDとパスワード、PCの端末情報、証明書を利用して認証する。接続時は同社などのASPサーバで認証を行い、成功すると社内のPCにアクセスできるようになる。

 1アカウント当たりの価格は、初期料金が1万5750円、年間使用料が1万8900円。受注後3営業日以内に利用できる。申し込みは50アカウント単位で、契約最低期間は1年間。

 端末認証型マジックコネクトパッケージ製品は、中継管理サーバをユーザー企業で設置するもので、同社が設定、設置業務を行う。認証には端末認証型マジックコネクトASPサービスでの方法に加えてUSBキーも併用できる。最短で10営業日以内に利用できるようになり、価格はアカウント数によって異なる。なお、厚生労働省による新型インフルエンザのパンデミックフェーズが第三段階になった場合に、ユーザー企業全社員分のアカウントを無償提供(最大1万アカウント)するとしている。

Topページはこちら

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連ホワイトペーパー

認証 | 運用管理 | ASP


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -