ニュース
» 2009年08月28日 08時46分 UPDATE

CiscoのIP電話にもDoSの脆弱性、アップデートで対処

「Cisco Unified Communications Manager」に脆弱性があり、悪用されると音声サービスに障害が発生する可能性がある。

[ITmedia]

 米Cisco Systemsは8月26日付で「Unified Communications Manager」のソフトウェアアップデートを公開し、通信制御プロトコルに存在するサービス妨害(DoS)の脆弱性に対処した。

 Ciscoのアドバイザリーによると、Unified Communications ManagerはCisco IPテレフォニー製品の通話処理コンポーネント。脆弱性はバージョン4.x〜7.xに存在する。

 通話制御プロトコルのSIPとSCCPに関連した複数の脆弱性があり、悪用されると音声サービスに障害が発生する可能性がある。共通指標のCVSSベーススコアによるリスク評価は、最も危険度の高いもので7.8となっている(最大値は10.0)。

 脆弱性はCisco社内で見つかったもので、現時点で実際の攻撃に使われた事例は確認されていないという。

エンタープライズニュースの注目記事に

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -