ニュース
» 2009年09月03日 11時48分 UPDATE

ブルーコート、管理機能を強化したPacketShaper8.5をリリース

ブルコートは、アプリケーション最適化製品の最新版となる「PacketShaper8.5」を公開した。

[ITmedia]
pps85_1.jpg ベネット氏

 ブルーコートシステムズは9月3日、アプリケーション最適化製品の最新版となる「PacketShaper8.5」を公開した。アプリケーション単位での詳細なトラフィック管理やデスクトップ仮想化への対応を図っている。

 最新版では、企業ネットワーク内のトラフィックをアプリケーション単位でリアルタイムに監視、分析する機能などを搭載。管理者はアプリケーションごとに帯域の占有状況を把握できるため、ユーザーやアプリケーションごと、もしくはグループに基づいてトラフィックの安定化を容易に図ることができるという。

 また、VMwareの「Virtual Desktop Infrastructure(VDI)」にも対応し、VDIの設定やログオン、デスクトップデータのダウンロード、ストリーミング、同期などに伴うトラフィック状態を把握して、WAN回線を占拠するといった状況を改善できるとしている。

 マネージングディレクターのマッド・ベネット氏は、「例えば単純にHTTPSの通信でも中身が何であるかを把握することが重要であり、最新版ではシンクライアント内で使われているアプリケーションも識別できる」と説明した。

pps85_2.jpg PacketShaper8.5でのアプリケーション分析リポートの画面

 同氏によれば、従来のネットワーク管理製品では従業員のアプリケーション利用の実情を知るのが難しく、ネットワークの最適化を図るのが難しいという。また、「VoIPやビデオ会議といった負荷の高いアプリケーションの普及や、SNSやインスタントメッセージングなどのコンシューマー向けアプリケーション利用も企業内で広がっており、アプリケーション単位で現状を把握しなければならない」と、同氏は指摘した。

 既存のPacketShaperユーザーは無償でアップデートできる。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ